マンションを売る動機の明確さ

マンション,売る,売却

マンションを売ると決めた以上は、後悔しないように取引を進めて行くことができるよう用意周到にしたいものです。

 

所有しているマンションを売る理由は人によってそれぞれだと思います。

 

何故売りたいかということを今一度考えて見ましょう。

 

まとまったお金がいる

マンション,売る,売却

まとまったお金が入るという理由からお金に困っているという理由でマンションの売却を検討している人も中にはいるかもしれません。

 

マンションなどの不動産を所有している状態で、なおかつローンがそこに発生してない場合は個人財産として認められることになります。

 

そうすると、金融機関からお金を借りる際にその不動産を担保設定にすることができます。
これによって収入が低くても金融機関からお金の借り入れができる場合があります。

 

しかし、不動産を手放してしまうと担保設定にあてるものが無くなります。
金融機関のローンを利用する場合に収入や勤務状態によっては借りることが難しくなります。

 

もし、必要なお金がそこまで多くなく他の金融機関からお金を借りてないのであればマンションを売るという選択肢ではなく、
金融機関の低金利ローンを利用してお金の入り用にカバーすることも方法としては有効になります。

 

引っ越しで手放す

マンション,売る,売却

また、マンションを売る理由の中には引越しをすることになって住まなくなるという理由も多くあります。

 

その場合についてもマンションを売却をするのではなく借家として貸し出すというのも選択肢の一つとしてあります。

 

言い換えれば資産運用をするということにもなりますが、資産運用をすることによって長期的な収入が期待されます。


トップへ戻る