一般媒介契約でマンションを売る場合

マンション,売る,売却

マンションを高く売る際に個人取引以外で考えるのであれば業者を介しての取引がベースになります。

 

業者に依頼するといっても直接的に買い取りをしてもらう方法だけでなく、新しく購入を検討している人を探して販売促進の手伝いをしてもらうこともできます。

 

こうした仲介取引の中でもスタンダードな方法として知られているのが一般媒介契約と言われる方法の取引です。この方法は何社に依頼しても可能な仲介取引の形になります。

 

よって、不動産情報を見た時に複数の不動産会社が同じ物件を取り扱っている場合は一般媒介の契約を結んでいる可能性が高くなっています。

 

一般媒介契約のメリット・デメリット

マンション,売る,売却

一般媒介契約は、複数の業者に依頼することができます。

 

そのため、多くの人に見てもらうことができるという点でのメリットはあります。

 

一方で不動産業者からすると自分のところでマンションを売ることができるとは限らないので販売促進に入れる熱については他の専任媒介契約などに比べると劣ってしまうデメリットもあります。

 

面倒な手続きなどは代行して行ってもらう

マンション,売る,売却

一般媒介契約でマンションを売る場合も、個人売却の際と同じく買い手が現れない限りはなかなか取引成立という形にはなりません。

 

しかし、一般媒介契約を結んでいてなおかつ個人でもマンションを売ることは可能です。

 

媒介契約については不動産業者に対して一定のマージンを支払う必要があります。
その一方で面倒な手続きなどは代行して行ってもらうことができるため、忙しい人がマンションを売りたい場合もおすすめの方法の一つになります。

 

マンション,売る,売却

 【HOME4U】 NTTデータ不動産査定サイト
【HOME4U】は、NTTデータ運営の日本最大級の不動産売却一括査定サイトです。
【魅力1】大手企業から地域密着企業まで厳選500社採用
【魅力2】老舗の安心15年以上!利用者数も累計15万件以上の実績があります!
【魅力3】入力がカンタン!たった1回の入力!しかもたった1分で完了できます!


トップへ戻る